そとを意識した
こうじゃなきゃ
を全部ゆるめて

じぶんの中を
大切に感じて

とめることなく
溢れさせながら
ただそこにいる

それがきっと
私なんだって