壁にぶつかって
苦しんでるとき

目に映るものすべてが
苦しめるものに見える

そんなとき
自分は愛されてるんだ
って前提に立ってみる

状況は変わりないけど

目に映るものみんなが
明るくてやさしいもの
に見えてきたりする

.

苦しんでるときは
真剣に考えるとき

求めているもの
こう在りたい人
思い出したとき

少しずつだけど
道が開けてくる

苦しいときって
本当は
愛されてるとき